top of page
  • 執筆者の写真学習塾CLOVER

2025春の川口北高校はどうなる?

こんにちは 浦和美園 学習塾CLOVER(学習塾クローバー) です。


 ▶ 2024年春 学習塾CLOVER9期生 公立入試・私立入試合格実績



5/29(水)に川口北高校の塾対象説明会に行ってきました。


昨年からまだわずかではありますが、公立高校も塾向けの説明会を開催するようになりました。

ただ、私立高校と比べると塾の先生の参加は非常に少ないです。

(なぜなのでしょう???)


①倍率の変化

・R2(2020春)1.24倍

・R3(2021春)1.04倍

・R4(2022春)1.25倍

・R5(2023春)1.27倍

・R6(2024春)1.42倍

今春は諸々の理由により、出願初日1.5倍越えと倍率が急上昇しました。

同席した別の塾の先生と話しましたが、なかなか厳しい入試だったようです。落ちてしまった生徒がいたそうです。

(CLOVERはこの高倍率の中、4名中4名とも合格でした!)


②大学合格実績

・R2(2020春)1.24倍

 国公立68名 *現浪含む過去最高実績

・R3(2021春)1.04倍

 国公立46名 *現浪含む

今春卒業した世代は、倍率1.04倍というここ数年では最も競争率の低かった世代。

『谷間の世代』と呼ぶには失礼かもしれませんが、世間的にはそう見られても仕方がないでしょう。

保護者の方には面談で『高校の本当の実力は国公立の実績に現れる』とよく話していますが、川口北高校に関しては来春の卒業生の合格実績に大注目ですね。


③vs川口市立

・R3(2021春)

 倍率 川口北 1.04倍  川口市立 1.71倍

 国公立 川口北 46名  川口市立 59名 *現浪含む

 早慶上智 川口北 9名  川口市立 4名 *現浪含む

 GMARCH 川口北 122名  川口市立 115名 *現浪含む


④倍率上昇の要因と来春の予測

今春の倍率上昇には以下の要因が考えられます。

・制服リニューアル → 女子比率が高まったそう

・高倍率の川口市立を回避する層が以前より増えた

・川口市立と進学実績を比較、進路指導の中身を比較した結果、川口北を選ぶ層がやや多い

・川口市立が附設中学をつくった結果、高校からの受け入れ枠が減った

HOT!! 校長先生をはじめとする、発信力強化への取り組み◎

来春は、倍率上昇による揺り戻しも考えられなくはないですが、さほど変わらないのではないかと考えています。また、今後の北辰テストの志望状況などを見て、見解を発信していきたいと思います。


⑤川口北高校を訪れてみて

・説明会後、かなり自由な感じで教室を回らせてもらえるのは大変ありがたい。

 「遠慮なく見てください」という感じで好感が持てる。

 授業中の教室にずかずかと入っていくことは気が引けるが、授業中の先生方も「ウェルカム!」という感じ(笑)

・2学期制、55分授業 → 川口市立、越ケ谷との差別化

・個人の探究活動に力を入れている(縦割りで、先輩との師弟関係)

・他校より導入が早かったiPad。公立校としてはかなり使いこなせているほうではないか。

 私見にはなるが、私立と比べてしまうと、設備も含め活用はまだまだこれから。

・自習用の部屋、席がもう少しあればなぁ…。

・個人面談にかなり力を入れている → ここは高評価◎



個人の意見がだいぶ混じっていますが、参考にしていただければ。


ちなみに学習塾CLOVERは公立入試の指導にはかなり強いです!

川口北高校を志望されている生徒さんはぜひCLOVERへ。

体験授業でお待ちしています!!


 


 

体験授業は無料でおこなっています。

費用・時間帯など、詳細については塾に直接お問い合わせください。


電話:0487626410

メール:info@clover-saitama.com


お問い合わせお待ちしています!

浦和美園 学習塾CLOVERさいたま市緑区美園6-8-10 福重ビル1F


閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page