• 学習塾CLOVER

中2生から「受験生」へ


3/5(土)から、新中3の授業が始まりました。

こちらとしては

「現中3生の入試が終わったのだから、次の受験生として扱わせてもらう」

という宣言をして、ガラッと意識を変えてもらう必要があります。

ただ、生徒の立場で考えれば、

前日まで、中2生として学年末テストの勉強をしていたので、

急に中3生として扱われることに戸惑いがあるかもしれません。

思えば一年前、学習塾CLOVERは開校したばかりでした。

3月は体験期間としており、生徒を募集する段階でした。

だから、どちらかと言えば、生徒の皆さんにこの塾をなんとか気に入ってもらおうと

やや守りの授業に徹していた気がします。

しかし、今年は違います。

生徒たちのほとんどは、一年前からこの塾でともに勉強し、

それなりに信頼関係を築いてきた仲間たちです。

新たな学年を迎え、少しぐらい厳しくしたところで

「なんなの、これ?」と反感を抱くような子たちではありません。

初回授業では、受験生としての心がまえを散々話しました。

厳しい話もしましたし、ボクらが求める受験生像についても話しました。

それぞれの目には、この一年に対する「覚悟の灯」が宿っていました。

その後の授業もすばらしい雰囲気でした。

一気に「受験生」へと変化した瞬間でした。

この意識が安定して継続するとは微塵も思っていませんが、ひとまず良いスタートが切れたような気がします。


3回の閲覧

© 2014-2018

学習塾CLOVER