• 学習塾CLOVER

禍福はあざなえる縄のごとし

浦和美園 学習塾CLOVERです。


タイトル画像がなぜこれなのか、この先を読んでいただければわかります。


新型コロナウイルス関連の報道を目にする機会が多いですね。

ニュースの画面などでは、内容を端的に表す必要性があり、

コロナウイルスによる様々な負の影響を「コロナ禍」と表しているのをよく見かけます。


先日、我が子が「コロナ禍」「コロナうず」と読み間違えておりました…。

「鬼滅の刃」の読み過ぎですかね(笑)

そう、水の呼吸 陸の型「ねじれ渦」の影響です…。


そこで「禍福はあざなえる縄のごとし」という言葉を教えました。


幸・不幸はよりあわさってできる縄のようなもので、決して不幸ばかりが続くわけではない… というようなことを話しました。


ピンチのあとにチャンスあり、冬のあとには春が来る、やまない雨はない …などなど

日本人はこういった表現が好きなのかもしれません。


最近では「アフターコロナ」なんていう言葉も言われるようになってきましたが、

コロナ禍ののちの「コロナ福」を心待ちにして、今は粛々と毎日を過ごしていきたいと思います!


では、本日もよろしくお願いいたします!!

127回の閲覧

© 2014-2018

学習塾CLOVER