準備万端

期末テストが近づいてきました。 この土日でどのぐらい勉強時間が確保できるかが、ひとつのヤマとなると思います。 学習塾CLOVERでも、この土日は「対策補講」満載です。 テストに向けたオリジナルの対策プリントも完成し、準備万端! いっしょにがんばろう!!

日本銀行

塾でさまざまな物事を教えていると、 勉強においては、「座学より実学(実技)」のほうが、効果が高いなぁと感じることが多々あります。 とくに理科や社会がその代表格でしょう。 中3になると、社会で「日本銀行」について勉強するわけですが、「銀行の銀行」と言われても、なんじゃそれ…… としか思わなかった記憶があります。 ※写真は上から見ると「円」の字に見えるとうわさの日本銀行 最近の中学入試では、経済分野からの出題が散見されるようになり、「銀行はどうやって利益を上げるのか」という話を小学生にしたことがありますが、一般の銀行のこともあまりよくわかっていないのに、「銀行の銀行」のことがわかるわけがありません。 去る6月12日から、夏休みの「日本銀行 親子見学ツアー」の案内が出ていたので、「お、これはいいぞ」と思い、当ページでもご紹介しようと思っていたのですが・・・ すでに申込終了・・・ 昨日チェックした時点で、残り中学生のみの状況だったのですが・・・ 申し込み締め切りの7月10日を待たずして、しかも一週間以内で申し込み締め切りとは! ・・・来年は早めに案内したいと思います(笑)

つい先日話題にしたばかりですが・・・

公職選挙法の改正が、参議院でも可決されました。 これで、来年(2016年)夏の参議院通常選挙から、18歳以上が投票に参加することになります。 誕生日月が早ければ、高校生も投票に参加するということですね。 これに関して思うことが3つ。 ① 10代は投票に行くのか? 20歳そこそこの投票率がイマイチな現状では、選挙権が2歳引き下げられたとしてもあまり変わらない気がします。世間では「若者の投票率に期待!」なんて言っていますが、一時的に盛り上がるにしろ、現状の投票率低下に歯止めがかかるものとは思いません。結局、親を含め、家族が誘ってあげたりしながら、「当たり前のこと」として選挙に巻き込んでいくことが大切なのかもしれません。 ② ネット選挙がますますさかんに? 10代の有権者を巻き込むために、Twitterやニコニコ動画などを活用した選挙戦がますます活況を帯びてきそうです。10代だとLINEのほうが取り込みやすいのかな? 選挙の3、4日前ぐらいに、ネットを使って模擬選挙みたいなのが行われるとおもしろそうですね。1人一票などと固いことを言わず、とりあえずプロ野球のオールスターぐらいのノリで・・・。とにかく斬新な発想の選挙戦に期待したいと思います。 ③ 参議院選挙かぁ・・・ 参議院の比例代表選挙は、全国をひとまとまりにして行われます。北は北海道から、南は沖縄まで、同じ名簿を見ながら候補者に投票します。したがって、衆議院の総選挙のときよりも、有名人・著名人が立候補する傾向が強いです。10代の票を取り込もうと、有名人立候補合戦が見られるようだと、何とも言えない気持ちになりますね。 ドイツの10代

選挙権が変わりますよ

どうやら今月中にも公職選挙法の改正案がまとまりそうです。 衆議院では可決されましたので、あとは参議院の審議を待つのみ。 現在の選挙権は、戦後(1946年)、日本国憲法が公布されたときに「成年者による普通選挙を保障する(15条)」と定められ、『20歳以上の男女』が納税額の制限などもなく、投票に参加できるようになりました。 これについては、選挙権の変遷等も含め、中学生が歴史および公民で何度となく勉強するところですね。 以後、選挙権については改正のないまま時が過ぎゆくわけですが、2007年公布の国民投票法により事態は大きく変わります。 そもそも日本国憲法というのはまだ一度も改正されたことのない憲法です。 これまで50回以上も改正されているドイツの憲法などと比べ、『自分が生きているうちに改正される可能性があるのかな?』と思ってしまうぐらい、一度も改正されたことがありません。作成当初の理念を保ち続けているのですから、それはそれですばらしいことなのかもしれません。 一度も改正されたことがないものだから、「実際、憲法が改正されるときの国民投票ってどうやってやるの?」ということが話題になり、2007年に「国民投票法」なるものができました。憲法が公布されてから約60年後の話です。 国民投票法では「18歳以上」が投票に参加することになり、これに合わせて公職選挙法の選挙権改正が議論されてきたわけです。(ここまで来るのに話がだいぶ長くなりました) こうなると次の段階としては、憲法に記されている「成年者による選挙」という部分との整合性ですね。成人年齢を何歳にするのか? 成人式は18歳? ・・・なんてこと

イベントのご案内

体調不良で2日間お休みをいただいていた星野です。 関係各位にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。 さて、学習塾CLOVERでは、 7月11日(土)の15:00から「高校入試システム説明会」を開催する運びとなりました! 入試システムの説明だけでなく、地元の私立中学・高等学校の先生方のご協力もいただき、私立入学後の手厚いサポート等についても事例を挙げながらわかりやすく説明していただく予定です。 高校入試システム説明会のお知らせ ※クリックすると詳細が表示されます。 定員に限りがありますので、ご興味のある方はCLOVERまでぜひお問い合わせください。

テスト結果についてのやりとり

ホームページ上でもお伝えしている通り、現在中間テストの結果をヒアリングしているところです。 美園中学校の中3は、まだ学年順位を教えてもらえないらしく、毎日気をもんでいる生徒もいます。 そんな中、塾内ではお互いの頑張った結果が次回へのさらなる刺激となるようにホームページ上と同じように、結果を掲示しています。今回は、生徒全員の総合成績が大幅に上がったため、生徒たちは『全科目成績UP』に目がいくようです。 そんな中、ある女の子がこんなことを言ってきました。 生徒「私もほとんど上がったから、全科目成績UPにしてくださいよ~」 先生「こういうのは信頼される情報でないと意味がないから、厳しいようだけど載せられないなぁ」 彼女は、前回の試験で数学が80点台後半と好調で、今回も80点台を取ってきたのですが、惜しくも2点DOWN。前回あまり良くなかった他の科目は大幅に底上げされ、TOTALでは60点以上アップしているのですが、どんなに贔屓目で見ても全科目アップとは言えません。 本人たちからすれば全科目成績が上がったような心地であったとしても、外に発信する以上は「信頼できる情報」であることが大切です。 とにかく・・・ 次は有無を言わさぬ成績を勝ち取ろう!と互いに心に誓ったのでした。

© 2014-2018

学習塾CLOVER