夏期講習4日目~明日は休みです~

夏期講習最初のタームが終わりました。 今日は、中3生しか授業がない日だったのですが、 授業後に自習で残る中3生に加え、授業のなかった中2生なども勉強しに来たため、 自転車があふれかえっています。 いよいよ次のタームからは中1生の講習も始まります。 にぎやかになりそうですね。

夏期講習はじまりました

昨日より、夏期講習が本格的に始まりました。 もう一度、授業の受け方から確認した小4生たち。 実力至上主義が馴染んできた小5生たち。 春とは比べものにならないほど、スピードと正確性が磨かれてきた中2生たち。 受験生としての心がまえを初日にイヤというほど叩き込まれた中3生たち。 ・・・そして、その姿を見て「明日は我が身」と感じる他の生徒(笑) 学年によって、この夏の目標、鍛えたいポイントは異なりますが、 なんとか「初日とはちがう自分になれた」という成長の実感をつかませたいですね。 子どもたちにも言っていますが、『毎日休むことなく通い続ける』のも大切な実力のひとつです。 まだまだ始まったばかりですので、体調にも気をつけて夏を乗り切りましょう。

高校野球

私たちは二人とも高校野球が大好きなので、 個人的な趣味で、埼玉県予選のトーナメント表を貼っています(笑) こういう「遊びゴコロ」も時には大切ですね。 地元・浦和学院には、当然がんばってほしいですし、 中3生のそれぞれの志望校にもがんばってほしいです。 他の学年の生徒は、この表を見て、まずは高校名を覚えましょう!

“あの国”の話

最近、何かとニュースで報じられている国がありますね。 そう、ギリシャです。 借金がかさみすぎて、デフォルト(もう返せません!)するとかしないとか…… で話題になっています。 通貨がユーロじゃなくて、昔の「ドラクマ」(RPGっぽい!)だったら、即終了でしょうけどね。 今からさかのぼること、3年前と4年前の2年間、都内の某女子大で就職活動に向けた時事ニュースの講義を行ったことがありました。 当時(2012年)もギリシャはデフォルト寸前で、「ギリシャ危機」とか「ユーロ危機」とか言われていました。 そのとき作成した資料が残っていたので、「どうしてギリシャが債務超過におちいったのか」をちょっとだけ載せておきます。 カンタンに言うと、 ● とにかく働かない。昼過ぎ閉店あたりまえ。 ● 税収の大半が、公務員の給与と年金に消えていく。 ● 老後の年金がバツグンによかったので、貯蓄をしない国民性が育った。 ● 貯蓄がないものだから、ギリシャ国債を、国家および国民が返せる力がない。 ・・・などなど。 当時は、欧州中央銀行の支援を取りつけ、緊縮財政に走るなどして難を逃れたのですが、 はたして今回はどうなるでしょう?

“無形”の成長

おはようございます。学習塾CLOVERです。 夏期講習が近づき、CLOVERでも体験授業への参加が相次いでいます。 体験の生徒が混ざっていると、いつも気づかされることがあります。 それは塾生の「動き」の早さ。 授業の“流儀”というものがわかってきて、次に何をしなければいけないのかを察知し、自然に次の行動へと移っていく姿、そしてそのスピードに、やたらと感心してしまうんですね。 少しずつ時間をかけて仕込んできたことが、彼らなりにきちんと熟成されているんだなぁとうれしく思うことが多いです。 早くから通塾すること、そして慣れることは、決して無駄ではありません。 目には見えませんが、子どもたちはちゃんと成長しています。

苦しみを楽しめ。

こんにちは、学習塾CLOVERです。 1学期も残すところ、あと数日ですね。 夏期講習に入る前に、いろいろなことをやっておかないと夏に影響が出てしまいます。 忘れないうちに、期末テストの結果を更新しておきました。 詳しくはトップページをご覧ください。 CLOVERでは、「あたりまえのテスト勉強」と「あたりまえの直前補講」しかしていません。 テストに臨むんだから、ある程度の時間数、勉強してもらうのは「あたりまえ」。 塾なんだから、できるだけテストに出る箇所を狙い撃ちするのは「あたりまえ」。 何も魔法のようなテスト対策をしているわけではありません。 メチャクチャ勉強させているだけです。 そんな環境でテストに臨んでいる塾生たちに一学期を振り返ってもらいました。 パンチドランカーという言葉がありますが、勉強しすぎて麻痺しているわけではありません(笑)。 テスト勉強なんて、普通楽しいものではないですよね。 時間なくて追いつめられるし、できなくて焦るし。 テスト前は毎日、塾に来てテスト対策メニューをこなしている塾生たちですが、 不思議と「苦しい」「つらい」という言葉よりも、「楽しい」という印象を持つようです。 こういうモードに突入したときは、だいたい好結果につながるものですね。 過去に良い結果を勝ち取った受験生たちもみな口々に語ります。 「つらかったけど、楽しかった。」 それともう一つ。 この雰囲気は、集団指導型の塾ならではのものだと思います。 ボクらは、個別指導部門を併設した塾の管理者(校舎責任者)を務めたこともありますが、個別指導型の塾ではなかなかこういった雰囲気にならないのも事実です。

満員御礼!

昨日は、今年一番の暑さ。 さいたま市では34.1℃を記録したそうですね。 そんな真夏の暑さを感じさせる中、多くの保護者の皆様にお集まりいただき、高校入試システム説明会を開催いたしました。足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございます。 今回の高校入試システム説明会は、浦和ルーテル学院とのコラボレーションという形で、私立入試のシステムを中心にお話いたしました。 すいません、反対側からとればよかったのですが……(苦笑) 私立入試のシステムは、埼玉独自のものであり、県外ご出身の方には特になじみのない制度です。 『初歩的な内容』から『塾側から見たかなり突っ込んだ内容』まで、実際の高校側の先生に「実際、そこのところどうなんですか?」と質問を飛ばしながら会は進行していきました。 ふだん塾で仕事をしていても、簡単には聞けないような話が多く、参加された方にとっては、それはもうお得な危険な(!?)情報まで聞けて、非常に有意義な会だったと思います。 塾生のお母さんたちからは 「入試システムが本当にわからなくて困っていたけど、すごくわかりやすく良かったです!」 「次の公立入試システムの会もとても楽しみです!」 「子供だけでなく、親も“勉強”が大切だと感じました。」 などとおっしゃっていただき、本当にうれしい限り。 私たちのこれまでの経験がじゅうぶん活かされた会になったのかなぁと感じています。 最後になりますが、お忙しい中、私たちの塾に快く駆けつけていただいた、浦和ルーテル学院の福島校長、今村先生、斎藤先生、大変ありがとうございました。 今回の企画は、ともに浦和美園の街を盛り上げていきましょうと

いつもとちがう雰囲気

午前中の夏期講習説明会に引き続き、午後からは「高校入試システム説明会」を行います。 多くの保護者の皆様がいらっしゃる予定ですし、 浦和ルーテルさんが、ハイスペックのプロジェクターを持参してくださる予定なので、 いつもと違う雰囲気で会場づくり。 自習用のフリースペースに机とイスを並べ、CLOVERこだわりのホワイトボードウォールを使って ビジュアル的にもお楽しみいただきながら会を進めていきたいと思います。 授業も説明会もエンターテインメント! わかりやすく、楽しくが大切ですね。

ネズミーランドと受験生

学習塾CLOVERには、本当にこの塾を気に入って通ってくれている子たちがたくさんいます。 気に入ってくれているのは、何も塾がキレイだとか、建物がカッコイイからだとか、そういうことではありません。彼らがここに通い始めて、私たちのやり方についてくることで、少しずつ成功をつかんでいるからです。 昨日はこんなことを話しました。 生徒「私はこの塾に入って、本当に成績が上がったから友達も誘ってるんだけど、どうかなぁ、来るかなぁ」 先生「他の塾も見てるの?」 生徒「他の塾は友達を誘うとディズニーランドのチケットがもらえるから、そっちの方がいいって」 先生「 (……すみません、チケットなくて) 」 塾選びの視点にはいろいろあると思います。 ■ 集団で学ぶのか、個別で学ぶのか。 ■ 苦手な科目だけ受講するのか、受験に必要な科目を総合的に学ぶのか。 ■ 質問はしやすいのか、質問できる先生が常駐しているのか。 ■ 担当講師がコロコロ変わることはないか。 ■ 経験のある講師が教えてくれるのか、それとも学生のアルバイト講師もいるのか。 これから受験生たちは大切な時期を迎えます。 入試に向けて、「正しい」勉強ができる塾かどうか、少々厳しくても生徒を導ける先生がいるかどうか。 塾選びにはそういう視点が必要だと思います。 まぁ、「日本一のテーマパークのチケット」も魅力的なのですが、それが「塾の魅力とは関係がない」ということをきちっと理解している「私たちの生徒」を誇りに思いたいと思います。 その生徒は、こんなことも話していました。 生徒「そのチケットって、先生たちがお金を払うの?」 先生「ポケットマネーなわけな

7/11(土)はCLOVERへ!

7/11(土)は、学習塾CLOVERにて、2つの説明会が行われます。 ◎ 夏期講習説明会 10:30~ ◎ 高校入試システム説明会 15:00~ 今日は、高校入試システム説明会の打ち合わせをするために、浦和ルーテル学院さんへ行ってきました。 校長先生や中高等部部長の今村先生とともに、どんな話を保護者の皆さんが望んでいるか考え、できるだけ保護者の視点に立った説明会を作り上げていこうと確認し合った次第です。 当日は、校長先生自らの言葉で、校風やサポート体制などを語っていただく予定となっています。 教室のキャパシティの関係で、あと5、6名で予約を終了する予定です。 ご興味のある方はお電話にてご予約ください。 打ち合わせの後は、今村先生に校舎をご案内いただきました。 入り口 & 中庭(天気が良かったらもっとキレイなんですが) 地下2F(!)のプール & チャペル 教室 & 図書館(小上がりの畳スペースもあって楽しそう!) 私たちも、ルーテルさんに負けないように、中身の濃い話ができるように準備しているところです。 みなさんのご参加をお待ちしています! あ、そうそう、今日から浦和美園駅にポスターが貼ってありますので、よかったら見てください。

期末テストの結果

期末テストの結果がおおよそそろいました。 あとは順位発表を待っている状態です。 今回も塾生一人ひとり、よくがんばりました! それぞれの成果を称えるものとして、まずは塾の中で互いの成果を掲示。 いや~、やっぱりがんばった結果を貼るのって楽しい! そして、胸が熱くなります。 ホームページ上でも数日以内にはご報告できるものと思っています。 成績アップのために、一人ひとりと向き合う塾、学習塾CLOVERです。 夏期講習のお問い合わせ、お待ちしております!

ちょっと時事ネタを。

東京オリンピックに向けて、新国立競技場の建設が話題になっていますね。 予定では総工費が2520億円、当初よりも900億円余計にかかりそうだという予測が立っており、その900億円をどう捻出するかで紛糾しているようです。 こういうニュースを見ていて「スタジアムをつくるのは、すごくお金がかかるんだなぁ」と思うのですが、とりわけこの新国立競技場はお金がかかりすぎているようですね。 では、どのぐらいお金がかかりすぎているのか? そこはあまり説明がないので、このニュースを分かりにくくしています。 ちょっと比較をしてみましょう。 我が街、浦和美園が世界に誇る「埼玉スタジアム」。 埼玉スタジアムの総工費はおよそ360億円だそうです。 2500億円も出したら、「埼スタ」クラスのスタジアムがいくつできてしまうのか…… って話ですね。 もちろん、トラック&フットボールパーク兼用のスタジアムとは単純比較できないかもしれませんが、それにしてもメチャクチャお金がかかっているんだなぁということはわかると思います。 少し縁遠いようなニュースでも、「身近なこと」と「具体的なこと」を結び付けると、急に実感が湧いてきて理解を助けるようになります。 教える側はそういったことをよく考えて、生徒たちに接していくことが大切です。教える技術とそれを支える知識量、学習塾CLOVERではその2つを備えた先生たちが、皆さんを待っていますよ。

© 2014-2018

学習塾CLOVER